乳がん治療の歴史

手術

乳がんとは、乳房組織に発生する癌腫で、世界中の女性の約10%が一生涯のうちに罹患する恐れのあるものです。そのため、早期発見と効果的な治療法の開発に大きな労力が注がれています。

過去においては、外科的に乳房を全て切除する方法しか完治の方法はなかったために、女性の精神的な影響も非常に大きいもので、敬遠されるものでした。しかし、近年治療法の発展により、乳房温存術や乳房再生術が可能となり、今後の完治率は高くなると考えられます。

乳がんの治療方法
乳がんの治療は、以前はがんの発生した部位を大幅に取り除く乳房切除術が一般的でしたが、現在では小さく切って乳房を温存する手術や、ホルモン療法、化学療法によって切らずに治療するなど、出来る限り外形の変化を少なくし、患者の精神的ケアや日常生活の質に重きを置くことが主流になってきました。

このため重要となってくるのは可能な限りの早期発見です。2004年には厚生労働省が、40代以上の女性が2年に1度はマンモグラフィーと触診による検診を受けることが望ましいと提言しました。

乳がんの手術と治療法

医師

乳がんと聞くと、乳房の切除などの大きな手術を想像してしまいますが患者の容体や、病気の進行具合によって様々な治療が行われています。

過去にはやはり乳房やその周辺のリンパ節、筋肉を全て切除することで再発や転移を防いでいましたが、運動障害やしびれ、痛みなどの後遺症が出やすくもありました。

そのため最近では筋肉を残すことで運動障害を減らしたり、乳房を残ししこり周辺や、しこりのみを切除するなどの手術が一般的で、患者の3人に2人が乳房を温存する方法を選んでいます。

手術以外の乳がんの治療方法
乳がんの場合は転移の可能性が高いことから手術により切除してしまう方法が重視されてきました。女性にとっては重大な決断が必要でしたが、近年は薬物療法や放射線療法などの進歩により切除するだけではない治療方法を選べるようになってきています。

医師と相談し、病状にあった薬物療法や放射線療法を組み合わせることによって切除する範囲を小さくすることも可能になり、乳房を失わないですむという可能性も大きくなっています。

まずは早期発見のための検査が重要です。

乳がんの手術法

上半身

乳がんとは、乳房組織に発生する癌腫で、世界中で多く見られ、女性にとっては早期対応が非常に重要になっているものです。

治療法は、放射線や抗がん剤、ホルモン剤を用いるものがありますが、これらは補助的療法であり、原則は外科的療法(手術)となります。その種類は、乳房のすべてを切除する乳房切除術と、癌の患部を含めた乳房の一部だけを切除する乳房一部切除術があります。いずれも、わきの下のリンパ節は切除しますが、胸の筋肉は切除しません。

手術の歴史と今後
手術は古くから歴史があり、古代エジプトから記録に残っています。

中でも乳がんは女性にとって16人に1人というリスクの高い病気であり、現代でも罹患する人が多い病気となっています。外科手術によって患部を取り除くことにより、治癒および再発を予防してきました。

近年はマンモグラフィーによる検査で早期発見ができます。今後はさらに研究が進み、早期発見によってすばやく治療を行うことで、より生存率を上げることができるようになる可能性が高いです。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031